サラ金の限度額について

MENU

サラ金の限度額について

チラシ広告やインターネットなどには「○○百円まで融資可能!!」という派手な宣伝を掲げているサラ金業者がたくさんあります。
中には500万円以上も借入可能としている業者もありますが、初めての利用者ではこれだけの借入はまず利用できません。
多くて50万円程度が限度とされています。

 

とくに総量規制の対象となっているサラ金の借入は、年収の3分の1を超える借入はできません。
仮に500万円の融資を受ける場合には、年収1,500万円以上が必要となる計算になります。
一般の家庭でこれだけの収入をもつ方はそれほど多くはないでしょう。
高額融資可能という宣伝は、顧客を勧誘するひとつの手段であると認識しておきましょう。

 

とくに初回利用者に対しては、サラ金会社も慎重にならざるをえません。
初めての利用者はサラ金利用に関する信用情報が登録されておらず、過去の利用実績などを参考にすることができないためです。
初回の利用の場合には、それほど多くの限度額は期待できないと思っておきましょう。

 

ただし、その後借入と返済を継続的に行うことで限度額を増額することが可能になります。
最初は50万円の限度額であっても、サラ金会社の信用を得ることで限度額が徐々に上がっていくのです。
限度額の増額では、これまでの返済に遅れがないことが絶対条件となります。
仮にうっかり入金し忘れていたという状況でも、その分信用のない利用者であると判断されることもあります。

 

またある程度の借入を継続していることもポイントとなります。
これまでまったく借入していない方がいきなり「増額してほしい」と要求したとしても、不審に思われるだけです。
何度の借入を行っており、きちんと返済を続けている利用者が、サラ金側から見ると「お得意様」ということになります。

 

限度額の増額を希望する際には、増額審査に合格する必要があります。
これまでの利用実績にあわせて、他社の借入状況なども審査項目となります。
既に他社で多額の利用を行っているケースでは、総量規制の関係もあり増額が難しい場合もあるでしょう。

 

またサラ金会社から増額の提案が行われるケースもあります。
この場合には、あらかじめ社内の審査に合格していますので、増額に同意すればただちに手続きが進むことになります。
増額により適用金利も引き下げられることもあり、チャンスを逃すことのないようにしましょう。
ただし、たくさん借りるということは、その分たくさん返済しなければいけないということです。
金利が下がったとしても返済負担は増えることになります。
あくまで増額手続きだけを進めて、実際の借入は必要範囲内にとどめるようにしましょう。