サラ金と銀行の関係

MENU

サラ金と銀行の関係

バブル経済の絶頂期、銀行は大企業を中心とした「法人融資」を主な推進項目としてきました。
その根本にあったのが「担保主義」で、天井知らずの不動産を担保として、過剰ともいえる貸付を行っていました。

 

それがバブル経済の崩壊により状況は一変します。
景気の低迷とともに、銀行からの借入が返済できない企業が後を絶たなくなりました。
担保で回収しようとしても、不動産価格が急落したため「担保割れ」の事態となり、いわゆる「不良債権」のみが銀行に残ってしまったのです。
自ら積み上げた「負の遺産」である「不良債権」の処理にもたついていた銀行は、法人向け融資主体の営業スタイルからの脱却が必要となりました。

 

そこで目をつけたのが、個人融資、とくにこれまで一線を画していた「無担保融資」の分野です。
個人向け無担保融資を主力としてきた「サラ金」との業務提携の道を進んでいくことになります。
おりしも平成に入ってからの「日本版金融ビッグバン」により、金融業界の再編が一気に進んでいくことになりました。

 

銀行とサラ金の業務提携は、双方の利害関係が一致したことも大きな要因といえるでしょう。

 

銀行側としては、これまで不慣れであった無担保個人分野の審査や回収といったノウハウをサラ金側から提供を受けることができます。
自行のブランドを維持しながら、個人無担保融資という新しい分野に対する知識を得ることができます。

 

サラ金側としては、銀行の持つ豊富な資金力を背景にして積極的な営業推進を図ることができます。
さらにこれまでサラ金に深く根付いていた「マイナス」のイメージを、銀行ブランドを頼りに払拭する効果にも期待できました。

 

こうして登場したのが「銀行系サラ金(銀行系消費者金融」)」と呼ばれる存在です。
テレビCMなどにも積極的にタレントを起用して、すっかりお茶の間にもおなじみになりました。
銀行の持つ豊富な資金量を背景にし、これまでのサラ金になかったサービスの充実と低金利を実現しています。
あくまでサラ金(消費者金融)には変わりありませんので総量規制の対象となりますが、知名度の高さから、一般のサラリーマンだけでなく主婦やOLなどの女性の間でも利用が増えてきています。