サラ金の取立ては怖い?

MENU

サラ金の取立ては怖い?

「サラ金を利用して、もし返済に遅れてしまうと、怖い取立てがあるのでは?」
「しつこい電話、手紙、怖い兄ちゃんの訪問、人生が壊れてしまうのでは?」
サラ金の取立てには、このようなイメージがつきものです。
テレビドラマなどでは、強圧的な取り立てシーンが登場しますが、あくまでドラマの話。
現在、サラ金の取立ては法律で厳しく制限されていますので、安心しておきましょう。

 

貸金業法第21条では「取立て行為の規制」が制定されており、以下のような行為が禁止されています。

 

@正当な理由がないのに、午後9時〜午前8時以外の時間に債務者に電話をかけたり、FAXを送ったり、自宅を訪問すること

 

早朝や真夜中の取立ては禁止されているということです。
正当な理由とは、債務者との連絡が取れないような状況を指しますが、この場合でも取立て方法は厳密に制限されています。
なお、債務者には借りた本人だけでなく保証人も含まれます。

 

A正当な理由がないのに、債務者の勤務先やその他 自宅以外の場所へ電話をかけたり、FAXを送信したり、訪問したりすること

 

債務者以外の方に迷惑をかけたり、債務者の借入を周囲の方に知らしめる行為は禁止されています。

 

B債務者から、訪問に対して退去するように意思表示されたにもかかわらず、退去しないこと

 

自宅などを訪問することは禁止されていませんが、退去するように言われたのに退去しないことは違法になります。

 

C張り紙や立て看板やその他の方法で債務者の借入れに関する事実や私生活に関する事実を債務者以外に明らかにすること

 

この場合も、周囲の方に借入がばれてしまうので禁止されています。

 

D債務者に対して、債務者以外の者からの借入れ等の方法で返済資金を調達するように要求すること

 

「よそから借りてでも返済してもらおう」と要求することは禁止されています。

 

E債務者以外の者に対して、債務者に代わって返済するよう要求すること

 

返済の義務があるのは基本的に債務者のみです。
債務者の家族などが自主的に借金を肩代わりすることは可能ですが、あくまで「自主的」であることが条件です。
債務者の妻、親、兄弟などに「代わりにあなたが返済してください」と要求することは禁止されています。

 

F債務者が債務の整理を弁護士等に依頼した旨の通知をうけたにもかかわらず、債務者に対して返済を要求すること

 

債務者が、弁護士や司法書士に債務整理などを一任した段階で、サラ金業者にはその旨の通知が発送されます。
この通知を受け取った後は、一切の取立てが禁止されます。

 

サラ金からの借入が返済できない状況になったとしても、取立て方法などはこのように法律で厳しく制限されています。
利用者の中には、返済できない後ろめたさから、強圧的な取立てに応じる方もおられるかもしれませんが、禁止行為を受けた場合はすみやかに専門家に相談するようにしましょう。